くまのまえファミリークリニック 病院ブログ

胃カメラ・大腸カメラができるくまのまえファミリークリニックのブログです

帯状疱疹ワクチン(シングリックス)

今回は帯状疱疹ワクチンについてお話しします。帯状疱疹については、下記ブログを参照して下さい。 kumanomae-fc.hatenablog.jp 名古屋市では全国に先駆けて、2020年3月より、50歳以上の方への帯状疱疹ワクチンの助成が開始されました。これまでは水ぼうそう…

ロタウイルスワクチンが定期接種になります。

ロタウイルスワクチン定期接種についてお話しします。 2020年10月からロタウイルスワクチンが定期接種になります。2020年8月以降に生まれたお子さんが対象となり、7月までに生まれたお子さんは任意接種でワクチンを接種します。 生後6週から接種できますが、…

おたふくかぜワクチン

今回はおたふくかぜ(流行性耳下腺炎)のワクチン接種の重要性についてお話させてください。 おたふくかぜは3~4才に最も多く、2~9才によくみられます。毎年数万~数十万人の患者が報告されています。 おたふくかぜに伴う合併症として、無菌性髄膜炎(むきんせ…

舌下免疫療法(スギ花粉)

当クリニックでは、スギ花粉に対する舌下免疫療法をおこなっています。 今までは予防内服(症状が出る前に薬を使って抑える)や対症療法(出てきた症状を鎮める)で対抗していましたが、舌下免疫療法では、治すことも可能になりました。「免疫」とは"体がス…

「夏の甲子園」中止

緊急事態宣言は解除されましたが、COVID-19はさまざな分野で影響を与えています。先日夏の甲子園の中止が発表されました。無観客で開催を検討しても良かったのでは?球児の事を考えてしまいます。3年間の集大成を見せる舞台がなくなり、落胆、悲しさ、怒りな…

名古屋市PCR検査所開設されました

5/14に国による愛知県の緊急事態宣言が解除され、県独自の緊急事態宣言も5月31日に解除される予定です。抗体を持ってる人は少なく、まだ有効なワクチンや特効薬もないため、引き続き3密を避けた生活が必要です。 名古屋市では、5月21日より公営公設の屋外ド…

GW(ステイホーム週間)

全国に緊急事態宣言が出て、窮屈な生活を強いられていますが、幸い感染者の爆発的な増加は抑さえられてます。 週末から大型連休が始まりました。しかし、今年は不要不急の外出をしないステイホーム週間と言われています。みなさんが、セルフロックダウンを行…

志村けんさんの訃報

新型コロナウイルス(COVID-19)が世界で猛威を振るっています。私たちが住む日本においても先週から一気に発症件数が増えています。心配はしていましたが、昨日、志村けんさんの訃報が届きました。一定の割合で高齢者が命を落とす病気とわかっていましたが、…

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

中国の武漢地方より感染が拡大し、世界各地で急速に感染が拡大するCOVID-19ですが、とうとう 3/11 WHOより「パンデミック」と評価されました。 当クリニックにおいても感染拡大を予防するための取り組みを行っております。COVID-19終息宣言が出るまでの間、…

潰瘍性大腸炎

今回は潰瘍性大腸炎についてお話します。 潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる大腸の炎症性疾患です。特徴的な症状としては、下痢・血便を伴う腹痛です。重症になると、発熱・体重減少・貧血などの全身の症状が起こります。炎症の…

機能性ディスペプシア(FD)

「機能性ディスペプシア(functional dyspepsia:FD)」という病気を知っているでしょうか?日本人の11-17%が罹患しているとの報告もあり、珍しい病気ではありません(機能性ディスペプシアガイドライン:日本消化器病学会)。FDは「症状の原因となる器質的、全…

産業医

今回は当クリックの産業医活動についてお話します。 産業医はどんなことをする医師かわかりますか?「社員が50人以上いるときに必要なお医者さん?」ぐらいの認識かと思います。 産業医は嘱託産業医と専属産業医があり、産業医として行える業務に変わりはな…

ヘリコバクターピロリ除菌療法

今回はピロリ菌に対する除菌療法について説明します。 ピロリ菌を薬で退治することを除菌といいます。日本ヘリコバクター学会のガイドラインでは、ピロリ菌に関連する疾患の治療および予防のため、ピロリ菌感染者のすべてに除菌療法を受けることが強く勧めら…

ヘリコバクターピロリ

今回はピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)ついて説明します。 ピロリ菌は、大きさが4ミクロン(4/1000mm)でらせん形をした細菌です。胃の中は胃酸(強い酸)があり、菌は住めないと思われていましたが、ピロリ菌が胃の中に存在できることが明らかになりました。そ…

蓄膿症(副鼻腔炎)

本日はお子さんの蓄膿症についてお話します。 テーマは「こどもの副鼻腔炎に抗生剤治療は必要か?」です。鼻水が長く続き、あおばなになると蓄膿を心配される方は多いと思います。 「あおばな」は鼻水の中にばい菌がたくさんいるから青色が付いていると思っ…

眼脂(めやに)

風邪のときに眼脂が出て、目薬を処方されることは良くあります。ほんとに必要なのでしょうか?本日は風邪のときに出る眼脂についてお話しします。 風邪を引くと、鼻水が出ることがあります。副鼻腔炎を合併すると緑色のような鼻水になります。これらの鼻水が…

ジョスリン糖尿病診療ラーニングプログラム

久しぶりのブログになります。 米国のハーバード大学にあるジョスリン糖尿病センターが開発・作成した糖尿病診療ラーニングプログラムに参加しましたので報告させていただきます。 H30/12/9、H31/3/17の計2日間のプログラムで、講師も藤田医科大学糖尿病内科…

おねしょ(夜尿症)

今回はおねしょについてのお話です。 夜間に寝ている間に無意識のうちに排尿してしまう状態をいい、5歳を過ぎても月1回以上のおねしょが3カ月以上続く場合を「夜尿症」と診断します(夜尿症診療ガイドライン2016)。 年齢別の割合ですが、一般に就学直前の5-6…

大腸ポリープ

今回は大腸ポリープについて説明したいと思います。大腸ポリープには、切除したほうがよいポリープと切除しなくてもよいポリープがあります。「ポリープがあったけど、取ってもらえなかった」ということを外来でよくお聞きします。今回の説明で、このような…

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 本日から当クリニックも診療が始まりました。インフルエンザの流行期に入っており、年末年始に体調を崩された方もいたと思います。 昨年度よりかかりつけの患者様に対して、訪問診療を開始しました。長年通院していただい…

夜泣き

今回は赤ちゃんの夜泣きについてのお話です。 夜泣きや赤ちゃんの疳が強くて困り、ママが相談に来られます。産後や育児による疲れもたまり、イライラしてしまうママは多いです(((+_+))。 夜泣き(sleep related nighttime crying)は診断に使用する病名ではな…

笑いの会

平成30年11月10日(土)に多くの支援やご協力のもとに、熊の前コミュニティーセンターにて、笑いの会を開催させて頂きましたので、報告させていただきます。 前日までの雨が嘘のように、当日は天気も回復し、この時期に珍しく汗ばむぐらい暖かい日となりました…

インフルエンザ新薬

朝晩の冷え込みが一段と増し、日中も肌寒い日が増えましたね。冬になると流行するのがインフルエンザです。流行が目前に迫っており、学級閉鎖となっている小学校もあるようです。10月からインフルエンザの予防接種が始まっています。 今回は今年3月に販売開…

インフルエンザ予防投与

インフルエンザの流行時期が目の前に迫っています。 当クリニックでは、インフルエンザ予防投与を保険外(自費)診療で行っています。 特に体調を崩したくない受験生にお勧めです。 感染者との接触後2日以内に服用することで服用期間の10日間で予防効果が期待…

妊婦・授乳婦のインフルエンザ予防接種

朝晩の冷え込みが増し、日中は過ごしやすい季節になりましたね。 寒くなると流行するのがインフルエンザです。当クリニックでもインフルエンザの予防接種を開始しています。 今回は妊娠・授乳婦に対するインフルエンザ予防接種についてお話したいと思います…

B型肝炎

今日はB型肝炎における『HBVキャリア』のお話をしたいと思います。 HBVキャリアとは? “HBs抗原陽性”のことを指します。B型肝炎ウイルスに持続感染している状態ですが、HBVキャリアのすべての人が肝炎を発症しているわけではありません。HBVキャリアの中には…

ロタウイルス

今回は乳幼児の急性胃腸炎の原因となるロタウイルスの予防接種についてご紹介します。 ロタウイルスとは? 2~4日の潜伏期間を経て発症し、激しい嘔吐や下痢、発熱を伴います。米のとぎ汁のような白色の下痢便が特徴です。通常は1週間程度で治癒しますが、…

スペシャルオリンピックス2018愛知

9/22(土)から3日間、 スペシャルオリンピックス夏季ナショナルゲームが愛知県で開催されました。 スペシャルオリンピックス(Special Oympics:SO)とは、知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ…

禁煙外来

当クリニックでは禁煙外来も行っています。 保険診療で受診でき、みなさんの禁煙を全力でサポートしますp(^-^)q 喫煙による人体への影響として、認知度が高いのは肺癌だと思います。その他にも気管支が炎症することで咳や痰が出たり、肺気腫(COPD)や心筋梗…

風疹

風疹の流行がニュースや新聞で取り上げられており、当院でも予防接種の問い合わせが増えています。 国立感染症研究所は今年の風疹患者さんが496人に上ったと発表しています(9月12日現在)。ほとんどが関東地方での感染ですが、平成25年度以降で最多の人数とな…